デートでも恋愛でも、大切なのはタイミング

最強のコミュニケーション術デート編3

こんにちは、だつぼんです!
 
 
今回は最強のコミュニケーション術デート編3の初頭効果+新近効果=最高のデートについて、お話させていただきます。

初頭効果と新近効果とは?

初頭効果とは、以前もお伝えしましたが、「第一印象がしばらくの間、その人のイメージとして定着し、そのイメージによって、その人の行動への印象にバイアスがかかる」という効果のことです。

また、新近効果とは「最後の印象が残りやすい」というものです。

簡単に言うと、初頭効果の逆と考えてください。

この二つをうまく活用すると、お店選びでしっかりと女性が喜びそうなお店、たとえば店内でプラネタリウムが流れるお店やペンギンがいるお店などといった非日常的な店を選ぶことで、デートのつかみはOKだと思います。

その後、相手と話が盛り上がり、時間も少し変える時間には早いかなくらいで切り上げてください。

相手が「もっと聞きたいのに」と思わせてください。

これはツァイガルニク効果といい、「人は一番盛り上がっているとき、途中で中断されると続きが気になってしまう」という効果があるのです。

つまり、盛り上がっている途中で、「あ、もう帰らなきゃいけないんだ」と言い、相手が「まだいいじゃん」と引き止めても、「また今度にしよう」と次回の約束も取り付けつつ、別れると相手の女性は帰り道で「もっと聞きたかった」とか「話したかった」という印象を持ち、あなたのことを考えるようになるので、非常に効果的です。
 
 

食事以外のデートならつり橋効果を使え!

つり橋効果とは「つり橋を渡るどきどき感を他の人と恋愛しているときのどきどき感と錯覚し、その人を好きだと思ってしまう」という効果です。

これを活用すると、遊園地だったら、お化け屋敷やジェットコースターなどで遊び、その後、映画館で暗闇効果を利用してどきどき感を演出し、雰囲気のあるバーに連れて行くと、つり橋効果で恋愛感情の芽が芽生えます

暗闇効果で相手を解放的にすることで、相手はある程度デートする前よりもあなたに対して恋愛感情を抱いています。
 
 

相手との親近感が深まったら、今度は主導権を握る

ここまで相手に恋愛感情を芽生えさせたら、最後の仕上げとして、利用するのが、嫉妬のストラテジーです。

嫉妬のストラテジーとは「異性に言い寄られていることをほのめかし、相手に嫉妬の感情を芽生えさせ、こちらに関心を向かせる」という効果です。

これはあまりやりすぎると相手があなたをあきらめてしまうかもしれないので、いい塩梅としては異性に言い寄られて困っているという、あくまでも相談という形を取ってください。

これは相手との距離感が大事で、こちらに好意を抱いているなと思ったら、やってみてください。

補足相手との距離感を計る心理学

ここで使える心理学のテクニックはグラステクニックといい、

「相手がグラスを持ったとき、こちらもグラスを持ち、相手より先にグラスを置きます。
そのときに、前よりも相手の近くに置き、相手がグラスを近づけたら、こちらに対し、好意を持っている証拠で、逆にグラスを遠ざけたら、あなたに対して、まだ好意を持っていないということがわかる」

 
というテクニックです。

グラスは口につけるもので、自身の心理の表れなので、わかりやすいというメカニズムです。
 
 
今回は最強のコミュニケーション術デート編の初頭効果+新近効果=最高のデートについて、お話させていただきました。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

合わせて読みたい

コメントを残す